レバニラ定食で片頭痛を解消

私は、高校生のときから片頭痛に悩まされています。

かれこれ20年近くの付き合いになります。

高校生のとき、英語の授業を受けているときに、初めてその症状が出ました。

人により初期症状が違うと言われている片頭痛ですが、私の場合は、左手と左足の痺れから始まります。

そして、痺れが治まると、左側の視界がだんだんと暗くなっていき、最終的には、左側半分が全く見えなくなります。

そこから、30分くらいすると視界が元に戻り始めますが、それと同時に頭に締め付けられるような激痛が走るのです。

一番最初に症状が出たときは、手や足がしびれたため、脳に異常があるのではないかと、早退し直ぐに脳神経外科に診察を受けに行きました。

MRIやCTスキャンをとってもどこにも異常が見当たらず、最終的に頭痛で終わっていることから、片頭痛だと告げられ、薬の服用を勧められました。

それからというもの、高校時代は2月に1回は病院にいき、診察を受けて薬を服用するという流れになりました。

しかし、大学に入学すると片頭痛もパタリと治まり、大丈夫だと思っていたのですが、大学2年生の秋口のころです。

車を運転中に急に同じ症状が襲ってきたのです。

幸い、他の車が居なかった為、直ぐに道路脇に車を停車させ、友達と運転を変わってもらいました。

そして、運転してもらい定食屋に連れて行ってもらい、なぜか思いつくままレバニラ定食を食べました。

すると、締め付けるような激痛が急に軽くなったのです。

それから、大学在学中に何回か片頭痛の症状がありましたが、その都度レバニラ定食を食べると回復しました。

片頭痛は特定の原因がはっきりしているわけではなく、精神的なものから来ていると説明を受けていたので、もしかしたら、思いつくまま=自然と欲するものだったので、レバニラ定食で片頭痛が治まったのかもしれませんが、今でもたまにレバニラ定食を食べて予防?しています。

人によりさまざまだと思うので、あまり参考にならないかもしれませんが、レバニラ定食が私の治療法であり予防法となっています。

他にも色々調べてみると漢方薬を使った予防法や片頭痛の予防に効果のあるサプリメントも効果があるようですね。

偏頭痛は多くの場合、死ぬまでの長い付き合いにあるので、とにかく大事なことはできるだけ薬頼らず自然治癒力で治そうという努力です。