二世帯住宅に関する体験

今回は、二世帯住宅に関する体験記事を書いていきたいと思います。 私は、現在二世帯住宅に住んでいます。

二世帯住宅とは、一つの建物に親の世帯とこどもの世帯の二世帯が住む住宅となっています。

なので、親と子の世帯がそれぞれ独立した生活が出来るものを言います。

二世帯とは、家族が集合した形態の家と言うことになります。

したがって、二世帯住宅の住宅人数がとても多い事になります。

私も二世帯住宅に住んでいます。

家族形態は、夫と、子どもが二人、後は、夫の両親と一緒に住んでいます。 私は現在30歳ですが、二世帯で良かったなと思うことがあります。

まずは、二世帯住宅だと家族が多くなり、毎日和気あいあいとしていてとても楽しくて幸せな日々が送れています。

なので、二世帯住宅にしてみてよかったなと思いました。 また、二世帯住宅ですと、夫のご両親も一緒に住んでいます。

なので、こどもの世話なども代わりに見てくれる事も多く、とても助かっています。

その面でも二世帯住宅で良かったなと思いました。 他に良かった点は、夫のご両親との仲も深まり、とても親身になってくれることが多くなりました。 なので、二世帯住宅にしてみてよかったなと思いました。 また、相談事にも乗ってくれますし、とても優しくて助かっています。 また、それは夫のご両親が優しい方たちなのもあるかもしれません。 なので、その面でも幸せな分も多いのかもしれません。

また、二世帯住宅での失敗談としては、建築する際にもっと部屋を多くすればよかったなと思いました。

今の住んでいる部屋は、必要最低限の部屋数しかありません。

なので、たまに窮屈になってしまうときがあります。

そんな時に、建築する際に、それぞれがプライベートを保てれる部屋を作ればよかったなと思いました。

そんなに多くの部屋は必要ありませんが、一つから2つくらいのみんなが作れるプライベートルームを作れば良かったなと思いました。

以上が、二世帯住宅に関する体験記事でした。

二世帯住宅は、一見窮屈なイメージがありますが、いい面もたくさんあります。 これも一つの参考にして頂けると幸いです。

参考URL:二世帯住宅オールガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です